ディエゴ・シメオネ監督の就任以降、すっかり欧州の強豪クラブとしての地位を確立したアトレティコ・マドリー

昨季は無冠にこそ終わったものの、リーガでバルセロナ、レアル・マドリーを相手に最後まで優勝争いを繰り広げ、CLではバルサ、バイエルンを下して決勝進出。決勝でも2年前と同じ宿敵レアルを相手に、PK戦の末惜しくも敗れた。

フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンがEUROで大活躍するなどオフの間も話題が絶えないアトレティコが、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

Atlético Madrid 2016-17 Nike Home

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

ホームは伝統的な赤と白のストライプ。白に赤い3本のラインというデザインは、ちょうど半世紀前、1966-67シーズンに使用していたユニフォームがベースとなっている。

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

実は1966-67シーズンは、ホームのビセンテ・カルデロンを使い始めた記念すべき年。今季が新スタジアム「ラ・ペイネタ」への移行に向けた最終年であることも念頭に置かれている(計画が遅れに遅れているため実現するかは不明だが)。

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

ストライプはビセンテ・カルデロン上層の縦縞もイメージしているとのことだ。

Atlético Madrid 2016-17 Nike Away

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

アウェイは黒を基調としたシンプルなデザイン。

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

差し色に黄色を使用し、首元にもさりげなく紺のストライプを配置。Nikeの2016-17モデルらしくソックスは別カラーとなっている。

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

アトレティコ・マドリー新ユニフォーム

なかなかインパクトのある黄色ソックスだが、インテルほどではないだろうか。